薄毛の大きな原因

男性に限らず、女性にもみられる事のある頭髪の悩みとして薄毛があげられます。薄毛は見た目のコンプレックスを抱える原因になる事が多く、医療機関で治療を受け、解決されている方も少なくありません。そこできになる薄毛の原因ですが、なぜ薄毛が起こるのかという事に関しては様々です。抜け毛の原因は諸説ありますが、その一つとして考えられるのが血液循環不良説です。

基本的に髪の毛は毛細血管から栄養を補給する事で成長していますが、血流が悪くなると栄養がしっかりと行き届かなくなってしまい、結果的に成長が鈍ってしまいます。そのため、髪の毛が抜けやすくなってしまうのが原因の一つです。

次に考えられるのが男性ホルモン説です。これは遺伝的なものともいえるのですが、男性ホルモンに影響され、毛乳頭細胞の分裂が、通常より抑えられてしまっている事が原因となり、薄毛を発症するというものです。そして脂漏説というのがありますが、これは皮脂が過剰に分泌される事によって、毛穴に皮脂が詰まってしまい、炎症が起こってしまう事により髪の毛の成長を妨害してしまうものです。これらの原因とは限りませんが、主な原因をしっておく事によって、対処の幅が広がるかもしれません。

薄毛はなぜ起こるのか

薄毛は男女問わず起こることがあり、髪の毛が徐々に少なくなってしまい、頭皮が見えてしまう症状が現れます。しかしなぜ、薄毛が起こってしまうのか、気になるという方は多いのではないでしょうか。当サイトでは、薄毛の原因について紹介していますので、気になる方はチェックしてみてください。

薄毛がなぜ起こるのかという原因については、様々な考えがあります。その中でも主なものとして、多くの方が耳にしたことがあるのではないだろうかというのが血液循環不良説です。本来、髪の毛へは血管を通じて、頭皮から髪の毛へと必要な栄養素が運ばれていきます。しかし、悪い生活習慣を行っていたり、栄養素が偏っていたりすると、血行が悪くなってしまうこととなります。そうすると、髪の毛へ運ばれる栄養素がしっかりと届かなくなってしまい、髪の毛が太く元気に育つ前に、抜けてしまうのです。

さらに、男女問わず、薄毛を発症してしまう可能性があるもののとして、脱毛症があげられます。男性の場合、男性型脱毛症で、女性の場合は女性型脱毛症というのがあります。これらの症状は異なり、男性の場合は後頭部や前頭部から薄くなる症状がみられるのに対して、女性の場合には全体的に薄毛が目立ってくるという症状がみられます。このような脱毛症は医療機関で治療を受けることにより、症状の進行を食い止めることに期待できます。当サイトではこれらのような薄毛の原因について紹介しているので、参考にしてみてはいかがでしょう。